制度の概要

どんな人が加入できる?

誰でも加入できるといわれている個人型確定拠出年金ですが、職業や年齢によって加入条件があります。加入条件によって掛け金も大幅に異なるため、加入条件を確認してから加入を検討された方がいいでしょう。第一…

いくらから運用できる?

大量に資金を投入しなければ老後を乗り切れないと考えている人もいますが、小額から少しずつ増やしていくことで、個人型確定拠出年金を自分らしいスタイルで運用することは可能です。最低金額は5千円からなので…

個人型確定拠出年金のデメリット

個人型確定拠出年金には、60歳まで中途解約ができないというリスクや、国民年金基金連合会手数料、事務委託金融機関手数料などがかかるというデメリットがあります。

個人型確定拠出年金のメリット

個人型確定拠出年金には、メリットがたくさんあります。なかなかお金が貯まらないと悩んでいる人も、個人型確定拠出年金なら計画的に貯蓄ができるのです。公的年金だけでは老後の資金が心配と思っているなら、使わない手はありません。

毎月コツコツ貯蓄ができる!

引き出せないことはデメリットのように感じますが、実はメリットです。満期になるまで引き出せないのであれば、その分複利で投資金額が増えていきます。途中で引き出せる仕組みだと、複利で増えても増えた分だけ…

投資の知識が身に付く!

日本の年金財政は少子高齢化で年々厳しくなっています。そこで政府が導入したものが運用リスクのある個人型の年金です。日本の公的年金は国民年金と厚生年金の2種類がありますが、これとは別に掛け金を毎月一定…

節税効果がある!

確定拠出型年金に加入することによるメリットが大きく話題を集めています。「でも、何がそんなに魅力的なの?」と思う人も多いのではないでしょうか。確定拠出型年金のメリットについては、さまざまな点が挙げら…

個人型確定拠出年金を始めるには?

しっかりと理解したい個人型確定拠出年金

個人型確定拠出年金への関心が高まっています。どうなるのかわからない老後に備えての準備の必要性は、取り立てて説明する必要もないといえます。「豊かな老後を送りたい」と考えるのは、誰にとっても当たり前ともいえるのではないでしょうか。高齢になってから毎日の生活費の捻出に困るようでは、何かと不安がつきまとうことになります。 個人型確定拠出年金の良さといえば、まだまだ若い世代のうちから老後生活への周到な準備ができる点にあるといえます。若いうちであれば、体力面でも充実していることから、何事にもポジティブに取り組めるといえるでしょう。数十年後の自分や家族を支えるために積み立てるのが、個人型確定拠出年金なのです。

儲けを追求するものではない!

「個人型確定拠出年金を始めるにはどうしたら良いの?」と悩む人も多いかもしれません。その答えは簡単です。保険会社やメガバンク、証券会社などで申し込むことができます。よくわからなくて不安という人も心配無用。各金融機関の担当者が親切丁寧に教えてくれます。 株式投資や先物取引、FX投資などとは異なる点も理解しておきましょう。個人型確定拠出年金は、あくまでも老後のために積み立てるものであり、キャピタルゲインを追求するものではありません。各金融機関によっても運用方法や期間、実績などがマチマチですので、できる限り情報収集に努めることも必要かもしれません。未来の自分自身の生活を支えることになりますので、よく理解することが大事です。